とある関西贔屓のヒトリゴト。

とある関西贔屓のファンが思ったことをそのまんま呟きます。

もしものえいと(教師編①)





さて! やって参りました!

(私の中で勝手に)大好評のこちらの企画! ←



もしものえいと!!!






… そんなはりきることでもないですけど(笑)


暫く経ってから、自分で読み返すと意外と楽しいので これからも続けていきますよ。
ええ、お楽しみに。


今回は 前に宣言しました通り、教師編をはじめたいと思います\(^o^)/





無難に歳の順から行きましょうか。



横山さん →→→ 物理教師



早速、想像不可能でした。横山さんむずい。
強いて言うならば、物理教師っていう感じであまりピンときてはいません(おい)
ただ単純に白衣着てたら面白そうかなって。

彼は面倒見が凄くいいので、生徒には親身になって向き合ってくれます。
生徒側もイジり易くて親しみやすいから
横山先生には自然と相談できるのではないかと思います。
職員室の前を通ると、村上先生に絡まれて心做しか楽しそうにしている姿が見られます。


生徒の相談乗りすぎて 根を詰めすぎたときに、

お前 ちゃんと息抜きせえよ!!!

って声掛けてくれるのも きっと村上先生だから
この2人は違う界隈にいたとしてもやっぱり良い関係。ステキ。
職員室の席は 村上先生と背中合わせの位置です。


一方、授業に関しても生徒が「わかんなーい」とか言ったら
呆れながら 何回も説明してくれそうな横山先生。

んで、何回も説明しすぎて たまに自分も何言い始めたかわかんなくなるのがお決まり(笑)




「だからここはぁ、あれ…ちょお待って」


『ああいつものやつだ(笑)』


「お前が早く理解せえへんからやろ!」


『わーん 横山先生が私を見捨てるー』


「どこが見捨てとんねん(笑)

しゃあないな…
ここからもっかい説明するから!ええか!?」


『え。先生大好き。』


「そんなんええから!まず 俺の説明聞け!」(←ここ絶対照れてる)




ちなみに授業中の雑談の話題は
【俺の弟】か【ヒナ】か【すばる】です。

最初はちゃんと村上先生とか渋谷先生って呼んでるのに 話盛り上がると、絶対忘れるから

村上先生が 生徒からヒナって呼ばれてたら
大体 横山先生のせいです。


まあ 純文系の私は そんな真っ白オバケ
横山侯隆先生と関わることはほぼ無いでしょうなぁ、残念…

まあ 授業持たれてなくても あの人なら普通にイジれそうか。




渋谷先生 →→→ 生物教師


ごめん、嘘ついた。
この人の方が余裕で想像つかなかったわ。

よく、音楽教師とか言われがちだけど
この人の音楽って 教われるような種類じゃない。
もっともっと そこはかとなく深いので、生徒が圧倒されてしまうのと
型にハマらないから授業として展開するには難しすぎる。

保健医?
いやエロかったら保健医になれるわけじゃないからね!?()


ということで、これらは却下。


結果的には単純に渋谷先生が理科の教師だったら
色気ヤバいだろうな、っていう 私の妄想で決まりました。

うん、まあ
…やっぱ その根拠って白衣なんだけどね。強いわ。
小柄なので、袖をひと折りくらいしてると思います。折らないと、萌え袖になっちゃうから。

若干、髪長い時期の感じで 髭もちょっと残して頂けると もう完璧。

たまに8ESTのときみたいな髪型になるんだけど
過去に 外部の方から「実習生ですか?」と間違われて以来、意外と根に持っています。かわいいね。


職員室のデスクは 村上先生とお隣。
なんか困ったら とりあえず ヒナぁ、って助けを求める辺りのあざとさよ。
あとは暇になると 大久保(=大倉)先生に絡みはじめる。絡まれてる方も 本気でウザくはない。なんてったってすばるくんだから。()



いやぁ、授業は感覚でしょうね(笑)

理屈とか聞かれたら、それなりには答えるけど あんまりしつこく聞かれると

知らんわ!タイムスリップでもして これ発見した学者に聞いてこい!

とか言う。投げやりすぎだろ。もうちょいちゃんとしない?

…無理か。



不意に覗いた生物室で 1人で黙々と資料整理とかしてたらカッコイイよね。
その横顔を見ていたい。

女子生徒からはモテます、特にケバい子達。()
でも意外と渋谷先生自体は そういう類の子たちは煙たがるフリして(実際に煙たくもある笑)
真面目な子もちゃんと見てあげてるタイプだと思いま… そうであって欲しいという私の独断的な願い(笑)



『渋谷先生、女の子たちが探してましたよ?』


「ああ、どうせアイツらやろ?めんどいからええわ~」


『え?先生 ああいう子たち好きそうなのに(笑)』


「なんでやねん(笑)俺は、断然黒髪ストレート派や!」

『へー なんか意外。』


「俺のことはええやん。○○(名前呼び捨て)はどんなんが好きなん」(ニヤニヤ)


『なんで教えなきゃいけないんですか』



で、自分のことをやたらとオススメしてくる
もちろん見境が無いわけじゃないけど、

俺もなかなかエエ男やろ?

って。


まあ 、正直 そうです。




村上先生 →→→ 社会教師 (強いて言うなら政経とか)



自分に厳しく みんなにも厳しく
うん そういうタイプだよ。
女子だろうがなんだろうが、甘やかしたりはしないよね、たぶん
もちろん先生間でも そういう対応。

ただ、よく質問にくる生徒は いつの間にか名前呼びになってるタイプです。



この人は管理職ポジションの人とも仲良さそうだなぁ…
よく嵐の二宮くんも 人の懐に入るのが上手い!って言われていますが、村上先生はまた違う感じで上手いよね。
初対面でも、あれどっかで会ったことありますっけ?みたいなレベルで接してくるから
ガツガツはしてるんだろうけど打算的なところは見えなそう。てか、銭ゲバだなんだ って言われてるけど 村上さんって打算的というより合理性?が強いイメージ。
(そもそもこの2つの言葉が対にならなそうだけど)
あくまで 私の見解ね。



職員室では 、色んな新聞を取っかえひっかえしながら
横山先生と渋谷先生の会話には 何気に耳を傾けていそう。どうでもいい口論をBGMに新聞をぺらりです。面倒くさそうだから介入はしない。

デスク挟んで向こう側は 安田先生がいいな。

ここの2人の関係性がなかなか好きで
村上先生は村上先生で 安田先生に信頼あるし
安田先生側からすると 、この人に任せとけば大丈夫!みたいなね?



新聞熟読の成果もあって
時事問題は完璧だと思われます。特に経済面。

横山先生の雑談は 日常的な話なのに対して、村上先生は雑談でも 抜かりなく経済関係の話とかしてくるから 生徒が寝る。
そんで、

アホ!今のは大事なとこやないか!

って男子生徒が起こされる。
そう 雑談中のはずなのに。不憫だわ。


ザックリ バッサリ の性格だから
1番リアルに教師にいそうなのは 間違いなく村上先生。

あとは 社会教師なのに、何故か 体育教師に混じって 学校のトレーニングルームで毎日身体を鍛えてる。



『さよな、 ら…あれ 村上先生?』


「おお!○○か!残って勉強してたんか?」


『あ、まあ…先生もトレーニングしてるんですか?』


「せやで!人間 日々鍛えな、退化してくからなぁ!!」


『退化って…(笑)先生 何になろうとしてるんですか?(笑)』


「そりゃ、もう 最強の社会科教師やんけ。」



(実際、私の高校の物理の先生が言ってた言葉←)



あ、どうでもいいけど
私は村上先生には 絶対タメ口聞けないわ。





さすが、三馬鹿。

濃いな。

これを書くために消費するカロリーが異常です。
残り4人もいるけど、ちゃんと書けるかしら…

では…


(ちゃんと頑張ります)