とある関西贔屓のヒトリゴト。

とある関西贔屓のファンが思ったことをそのまんま呟きます。

∞ 今日歌 ∞ 〈Fight for the Eight〉

前置きはやめてさっさと書きまーす(笑)

 

 

 

 

 

この曲 ほんとカッコイイ!

 

曲の雰囲気オシャレじゃない??

 

 

 

 

にしても、インパクト強かったPV

 

被りものたくさん出てくるし、ちょっと世界観が エイトにしては珍しかったような気もする…

 

丸山さんのベース演奏姿を取り入れてくださった点は 本当に私得です。

 

 

 

 

Hey!ブラザー 

 

これは実の兄弟でなく

親しい友人に向けた挨拶とされるものですね!

 

サビの後半にも Na na na... という具体的な言葉ではないフレーズがありますが

 

こいつらによって生まれる こなれ感(?)といいましょうか…カッコイイ!

 

 

 

続いて出てくる 「カサノバ」という単語

 

昔イタリアの作家に カサノバという人がいて

その人物がとんでもない女性遍歴を持つことから 「女たらし」という意味で使われます。

 

 

まあ…自由人(笑)

 

 

そこを歌ってる すばりょの目がギラギラしてて好きです。 (アイメイクの印象も少なからず関係してはいる)

 

 

ここまでの歌詞を見ると チャラい感じが凄いけど…

 

 

 

ただ光が見たかったんだ 肩を並べてな

 

 

 

あ、ひとりでチャラついてんじゃないのね←

 

ってことで 私たちが容易に想像するのは

(エイト=)7人

  

そうじゃん。

Fight for the eightじゃん。

 

 

"エイトのために戦う" だから

 

 

仲間ありき。

 

 

 

 

 

冷たい風も何故か心地いい

 

 は 仲間の前だと困難さえも楽しく思えてくる、あの

 

 

「別に?全然辛くねえし?」

 

みたいな見栄であり(笑)

 

事実でもあり

 

 

 

っていうところも また若さがあって可愛いかな、とか思いますね

すっごい昔の歌でもないけども。

 

 

メロディも 期待が膨らんでく感じ?

いい意味で調子乗ってる感じでアガってくので

聴いてる側のテンションも 一緒に盛り上げてくれます!!

 

 

高音のユニゾンもこれまた気持ちいい

 

ハモリ組 音域広すぎだから。 

  

 

 

 

今更ながら LIVEで披露して欲しかったりするのは

あの時のビジュとか 演出とかダンスのカッコよさも関与するとは思うんだけど

 

 

 

「いつも忘れない スタートラインのfeeling」

 

  

 

エイトさん自身の作詞ではない

 

でも、下積み時代の気持ちとか

苦しんだこととか

それでも 支えあって頑張れたこととか

 

そんなスタートラインを 今でも忘れてない、

そんな時代があってこその今だ。っていう意味な気がして

 

いいなぁ 関ジャニ∞、と思える(笑)

 

 

 

 

そういうの歌ってる本人たちは

考えたりするのかなぁ、

 

聴いてる側は 何十回(下手すりゃ何百回) のレベルで聴き込んでるから

すっごい深読みしちゃう。笑

 

作詞者の意図してない部分まで想像してみたりね。

 

 

とにかくこの曲は、FIGHTの時期のエイトさんにある意味マッチした調なのかと、私は思いました。

 

オシャレ加減が 大人過ぎなくて丁度いい。

 

 

 

 

 

さて、歌詞に戻りますが 

 

 

ただ そこで終わらないのが

関西のとんでもない貪欲さ(もちろん良い意味)

 

グループでも 個々でも

すでに大活躍な彼らですが

 

 

((まだだ 遥か遠い理想郷

                     足よ このまま走れ!!))

 

 

 

上を見続けています

 

 

 

というか、この先もずっと

そういうスタンスで 他にはないものを追い求め続けるんだと思います

 

 

だから 惹き付けられてしまう

 

 

 

 

エイトの描く理想郷って 一体どんな世界なんだろ…。

 

 

それが何であるにせよ

 

7人の理想郷に

もしeighterを描いてもらうことが出来たなら

それに相応しいと言ってもらえるような 人でいたいですね。

 

 

 

 

 

 

最後に。

 

 

 

 

 

 

すばさん 萌え袖。

 

信ちゃん このPVの衣装がばり好み。

 

メイキングの松原かわいい。←

(と言って、すばるくんを載せる私)

 

f:id:jbwk8:20170428234622j:image