読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある関西贔屓のヒトリゴト。

とある関西贔屓のファンが思ったことをそのまんま呟きます。

もしものえいと(同級生①)

 

なぜだか、題名を平仮名にしてみたところで

 

早速!!

私の妄想自己満企画を始めます👏👏👏

 

 

 

 

今日の もしも は 学校編です。

 

 

というか暫く 学校編続くと思うけど、

 

勝手に細かく妄想したいので

ほっといてやってください←

 

 

 

 

そして議題

 

 

もしも エイトが

『クラスメイト』だったら。

 

 

 

 

 

1番 思いつきやすかったのは

やはり 我らがギャグマシーン。

 

私の中で 彼のポジションは間違いなく

『底抜けに明るいムードメーカー』

 

 

丸ちゃんは 未だにアホの子な雰囲気が拭いきれないので(良い意味でね!)

 

クラスにいても

現在のごとく 感受性が豊かで

ギャグをかまし続けるのだろう。

そして まあ お察しの通り、スベリ続けるのだろう。

 

 

そんな丸ちゃんと 私が繰り広げたい会話

(丸『』)

 

 

 

『なぁなぁ…俺の筋肉 大人味!!!』ドヤ

 

「ははっ(笑)…なにそれ(笑)」

 

『…もう!さすが〇〇ちゃん!分かってはる~』

 

「なに?どういうこと?(笑)」

 

『みんな 全然笑ってくれへんねーん』

 

「えー?私は結構好きだけどな~ その意味わかんない感じ」

 

『それ、ホンマに褒められてるん!?』

 

「…うん 当たり前じゃん!!」

 

『なに!? その間は!!!!

 

けど

 

 

 

… 嬉しいわ、ありがとう』ニコッ

 

 

 

 

 

 

これだよ。

 

確かに アホ雰囲気やばいけど

ほんっとに アホonlyで出来てるわけじゃないもん!!!

 

 

この会話を傍から見られて

別のクラスメイトから

"お前、ツボ浅すぎなんだよ~ 丸山を甘やかすな!(笑)"

と言われたい。

 

で、

 

『ちょっと!俺の唯一の味方、奪わんとってや~ !』

 

 

という具合に 若干焦る丸ちゃんをみたいです。はい。

 

 

 

 

 

 

さて 丸ちゃんのギャグって

滑りまくり連発の中で

ふと 大ウケするときありますよね(言い方失礼)

 

ウケると 自分でやったのに 、めっちゃ照れるっていうのが またファンとしては可愛いんだけど…

 

 

そんな時に

 

『お前、自分でやって照れるってどういう事やねん!(笑)』

 

って突っ込んできて欲しいのが

 

 

 

 

渋谷さん。

 

 

普段 クラスの中ではそんなに達者に喋らないのに、丸山のギャグには過剰反応

 

不意に出た 一言が 

爆発的に 笑いを誘うタイプかな~

 

 

 

彼は 授業中ずーっと寝てそう。

保体は起きてる?

 

滅相もございません、おそらく

 

 

『授業は授業や。知識学んだってしゃあないねん、実践せな意味ないわ』

 

とか名言を残して就寝。

 

余りにも堂々と寝るもんだから

寝始めて早々に 先生にしばかれるの、

 

 

 

…想像しやすいな(笑)

 

 

 

変態発揮しつつも 人見知りはご健在なハズ

心開いてれば 女子でも男子でもガツガツです。

 

席が近くなれれば 寝顔が見れますよ、みなさん!!

 

 

 

例えば プリント回そうとして

後ろ向いたら ぐっすりなすばるさん。

 

 

 

 

「(綺麗な顔してて、ムカつく。)」ジーッ

 

『…そんな、見んなや』(目覚める)

 

「わっ! びっくりした 、」

 

『いけめんとか 思っとったやろ!』ニヤニヤ

 

「自惚れすぎ~」

 

『〇〇?隠すことないやろ ?』

 

「ほんとダルイって!!」

 

 

 

先生 "渋谷!いつまでも世話されてんと、自立しい!(笑)"

 

 

 

『あ~ 俺 ヒモになるんが将来の夢なんで。』

 

「そんなん 誰が引き取ってくれるん!」

 

 

『…〇〇。

 

俺のこと 、末永くよろしく頼むで。』

 

 

「うん 、丁重にお断りしていい?」

 

 

 

 

 

 

あー これが実現できたら 楽しい。

 

変に優しくしてくれる人より

ボケて つっこんでって、ふざけ合える感じが素敵。

 

 

 

仲良くなると 急に口数増えるよ、たぶん

 

ちなみに

私 、すばさんと同じ9月22日生まれですが

そういうタイプです (知らねえよ)

 

 

 

 

さあ 関わりがない女子に対しては

苗字+さん

 

仲良くなると途端に 呼び捨てな 渋谷さん

 

に対して

 

 

 

基本は  下の名前+ちゃんなのに

 

不意に 『〇〇さぁ~』って呼び捨てしてきそうな ヤスくん。

(ここについては 絶対確信犯)

 

 

 

渋やん とか

なかなか個性的なあだ名をつけちゃうところが 既に可愛いので

 

学生というなら 、尚更でしょう。

 

 

 

事実でもありますが

あのお花畑っぷりに似合わぬ 秀才。

 

なんだかんだで 男らしさを垣間見せて来そうなのは 彼な気がします。

 

 

 

 

 

『ほんま分かりやすい!教えてもらえて助かったわ~!』

 

「ヤスくん頭良いから、理解早くて助かる~(笑)すばるなんて、もう日本語通じなくて」←

 

『〇〇!!』

 

「は、はいっ!!!!」

 

 

『頭使ったし甘いもん食べに行かへん?

俺 、美味しいとこ見つけてん!!』ニコニコ

 

 

 

「え?ヤスくんおごり…?(笑)」

 

 

『も ~!女の子にお金払わせるわけないやろ??ほら、外寒いやろうから マフラーぐるっぐるに巻いてな?(笑)

 

じゃあ行こっか。』

 

 

 

 

 

 

どんなに男勝りな性格でも

確実に "女の子"な扱いをしてくれそう!

 

 

会話を考えてて

いや よっぽどの仲じゃなければ、男子とふたりで ケーキとか行かないべ。って思うじゃん?

 

 

いやいや

 

お待ちください、相手はあの安田です。

 

 

 

物理的な距離も 心の距離も

縮まるまでの速さが 尋常じゃない

 

 

なんせ 彼は男とか女で見てないから。

 

同じ人類としての認識だから。

 

 

 

…正直 それは盛ってんじゃね、とかたまーに思うけども。

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず前半ってことで!終了!!

 

はあ、やっぱり楽しいな。妄想。

 

 

 

f:id:jbwk8:20170304211729j:image

 

 

制服で一番最初に思いついたのは

ヤスコとケンジの 椿くん。

 

そして 珍しく悪役なヤスくん。