読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある関西贔屓のヒトリゴト。

とある関西贔屓のファンが思ったことをそのまんま呟きます。

∞ 今日歌 ∞〈BOY〉

 

Twitter

ちょっとやったことがあるのですが

文字数が足りなすぎるので

コチラでやらせて頂きたい企画。

 

簡単に言うと…

 

某歌詞サイトのページを

グワーっとスクロールしまして、適当にタッチした選ばれし関ジャニ∞さんの

 

いわゆる

 

「今日歌(ソング)」

 

を好きなだけ紹介しようという…

 

自己満足の企画です(笑)

 

 

 

 

では早速…

 

 

本日は BOY です。

(アルバム 8UPPERS収録)

 

 

まずなんといっても、イントロのギターがよい。(語彙力)

 

エイトさんの曲は

よく夏の黄昏時に窓際で拝聴しますが

これも その黄昏時に聞きたい曲のひとつで

 

イントロ聞くだけで 勝手にワクワク

 

 

で、浮かんでくるエイトさんの学生姿。

(三馬鹿とかは、もろ学ランな感じが)

 

 

歌詞からしても

 

前髪流したり 崩したり?

遠い未来に手を伸ばしたり?

 

思春期の葛藤というか

 

カッコつけな感じとか、迷ってる感じとか

 

 

メロディと相まって、泥臭すぎず

それでいて 少女漫画より遥かに控えめな甘酸っぱさを 兼ね備えている気がする。

 

 

あとは過去形の表現が多いので

若かりし頃を 振り返っているイメージなのかなぁ、と勝手に想像。

 

 

 

 

 個人的に好きなフレーズは

 

(´∀`)「胡座をかいてた 未成年って立場に」

 

ってところで

 

 

正直、丸山さんの声(歌い方)自体が

大好きなので どの曲の どのフレーズも

ため息でるくらい、素敵に聞こえてしまうのですが…

(もはや贔屓でしかない)

 

 

 

 

未成年なんて そんなもんだろ!!!

 

(と、未成年が言う。)

 

 

 

 

そりゃあ 行き詰まるじゃん。

どうしようもなくて 挫折するじゃん。

 

 

それでも 割り切って

 

どうにかやり過ごせる人っているけど

 

 

 

むしろ

 

胡座をかいてた 自分がいる方が

 

後々、見つかること 気付くことって多いのかなって。

 

…はい、未成年です。

偉そうにすみません。

 

 

 

 

ニゾンではなく

ソロで この歌詞(サビ以外)を

聞くことで 、よりメッセージ性が強いものになる。

 

極めつけは渋谷さんの

「HEY!BOY!」でしょう。

 

相変わらず良い声。

 

 

 

この HEY BOY!は

 

 

そこら辺にいる見知らぬ少年に向けた

 

HEY BOY!

 

 

 

であり

 

 

 

学生のころ

 

つまり、BOYだった頃の

 

己に向けての叫びなのかなぁ、という

 

私の独断と偏見による解釈です。

 

 

 

 

 

 

 

だめだ…ダラッダラ書いてしまう(笑)

 

収拾がつかないので

とりあえず今日はここらでお暇します(笑)

 

f:id:jbwk8:20170203003037j:image